投資アイデア

トラップFXと米国株の2刀流投資の狙い(コツコツ稼いで資産の雪だるま化)

トラップFXと米国株を同時に資産運用している人って少ないですよね。
トドはこの2つを使いこなすことによって、資産の雪だるまを増やすことを目指して資産運用しています。いわば2刀流ともいえる、トドの投資法のエッセンスをお伝えします。

目次

1. 投資の収入は2種類あり
2. インカムゲインを膨らませるには入金力が大事
3. コツコツ収入で入金力を育てる
4. 2刀流投資のエッセンス

1.投資の収入は2種類あり
資産投資の収入には、インカムゲインとキャピタルゲインがあります。

・インカム(収入)ゲイン:株やFXの売買によって得られる利益。株式投資、投資信託、トラップFX(トラリピ等)。
・キャピタル(資産)ゲイン:株やFXを持っているだけで得られる、配当、優待、スワップによる利益。高配当株式投資、不動産投資。

投資目線で考えると、
・インカムゲイン  → 【ハイリスクハイリターン:キリギリス型】ガッツリ多額の収入が見込めるが、損するリスクもある。
・キャピタルゲイン → 【コツコツ:アリ型】毎年や毎月、安定してもらえるが、小額の収入に留まる。
となります。コツコ稼いでくれるアリと、がつんと増やしてくれるキリギリスみたいですね(*゚▽゚)ノ

資産が小さいうちは、キャピタルゲインは多くを期待できませんから、
インカムゲインを利用して、資産を大きくしていく必要があります。

逆に、資産が大きく育ったら、インカムゲインの割合を減らし、キャピタルゲインの割合を増やして、資産を守りつつ、年金のようにお金をもらうのが良さげです。

2. インカムゲインを膨らませるには入金力が大事
では、どうやってインカムゲインを膨らませるべきでしょうか?

株式投資を考えてみると、右肩上がりのチャートになりそうな銘柄やETFを買うことになりますが、そもそも資金が少ないと、買える数が少なく、大きな利益につながらないですよね?

右肩上がりの米国ETFの選定法

資金は初期資金と追加入金からなります。
初期資金は今あるお金なので、変えようがありませんが、追加入金は後から追加するもの(入金力)なので、頑張れば増やせますので、とても大事ですよね。

3. コツコツ収入で入金力を育てる
入金力は、節約や副業で作る手もありますが、投資から作ることもできます。
それは、コツコツ型の収入を得る方法です。
そこで、トドは、インカムゲインでありながらも、コツコツとそれなりに高い収入が得られる、トラップFXに目をつけました。

今のところ、実績では週利で1%程度、年利で50%程度です。
2020年5月の運用成績

なお、インヴァスト証券公式サイトを見ると、
2020/6/5で、同じ方式の「ハーフ」で最も高い英ポンド/円だと139%(2018/1-2020/6)であり、年利に直すと56%なので、同じくらいです。

https://attach.triautoetf.invast.jp/ranking/adviser/select-top-list.html

4. 2刀流投資のエッセンス
アリがコツコツ稼いで、キリギリスにパスし、キリギリスがガツンと増やす。
そのために、「アリの入金力を強め、キリギリスの資産増強力に磨きをかける」
これがトドが辿り着いた投資の最適解です。

【アリ】トライオート FX →【キリギリス】米国レバレッジETF(TECL,SOXL,SPXL)

まとめ

トドは、入金力(トラップFX)と資産増殖力(米国株)を組み合わせて長期投資することで、資産の雪だるまを大きくしようとしてます

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA