トラップFX・ETF

【トラリピ運用】FXのトラップ設定(トライオート FX)

トドはトライオートFX,ETFをUS株投資へ入金する為のキャッシュマシーンとして運用しています。トライオートFXの設定と考え方を、参考までご紹介します。トライオートは設定を色々といじれますので、試行錯誤して最適設定を探す楽しさもあります。

目次

1.トライオート FXの設定
2.設定方法
3.設定理由

1.トライオート FXの設定

●トドのトラリピ的設定
ユーロ/豪ドルは全て売り、それ以外は全てハーフ設定(下限値〜中央値で買い、上限値〜中央値で売り)です。この設定を約300万円で運用しています。

豪ドル/NZドル カナダドル円 ユーロ/豪ドル スイスフラン円 米ドル/スイスフラン 米ドル円
AUD/NZD CAD/JPY EUR/AUD CHF/JPY USD/CHF USD/JPY
本数 13 19 18 18 17 17
数量 10 8 9 9 6 8
上限値 1.112 92 1.803 118 1.068 114.2
下限値 0.992 74 1.633 104.2 0.88 102.8
中央値 1.052 83 1.718 111.1 0.974 108.5
利確幅 100 100 100 80 80 80

✅カウンター値は利確幅と同じで、カウンターは固定

2.設定方法

●「ビルダー」を用いた設定方法
トライオート のビルダーにおいて、
①FXで作るをクリック ➡️ ②マルチカスタムで「次へ」 ➡️ ③ 適当な通貨ペアで「次へ」
➡️ ④ 設定を入力する ➡️ ⑤追加する ➡️ ⑥ シミュレーション
口座を持っている人はログインしてから、以下をすると注文できます。
➡️ ⑦カートに入れる ➡️ ⑧注文を確定する

④で、「1.トライオート FXの設定」を入れるとトドのトラリピ設定になります。
ちょっと手番が長いのですが、慣れるとサクッと設定できますし、利確幅を変えてシミュレーション結果が変わるのが面白いです。

3.設定理由
● 設定のポリシー
一言で言うと、「ハーフ」の設定のほぼパクっており、利確幅を広げたことのみ違います。利確幅を広げた理由は、①リターン対含み損(ドローダウン)のバランスが良い、②稼働する通貨の数を減らせる為有効比率を保ちやすい、ことです。

● セレクトから選ばず、ビルダーでトラリピ運用をしている理由
自動売買では「ロスカットせずに安全にコツコツ」稼ぐ設定が良いと思っており、セレクトある、「コアレンジャー 、ハーフ、スワッパー」の中ではハーフが適しています。但し、ハーフだと利確幅が狭いので、ビルダーでそれを広げた設定にしています。

●通貨の選定基準1
通貨を選定する際は、セレクトの「リターン順」で上位にあるものの中から、含み損(評価損益)が長期間で少ないものを選んでいます。
含み損を抱えない運用は、利益率を上げる為の最重要ポイントです!これをシミュレーションできるトライオート FXは素晴らしいです!!

具体的には、トライオート のセレクトで、①セレクト➡️ ②FXをクリック「ハーフ」を選んで「リターン順」③ 「詳しくみる」を押すと、評価損益を確認できます。

●通貨の選定基準2
大きな含み損を避けるべく、通貨ペアの値動きに相関が無いものや、値動きの安定した基軸通貨を選ぶようにしています。詳しくはこちらをご覧ください。

【応用】トラップ系FXにおける通貨の選び方③ (トド流通貨ペアの選び方)

【大事:基本】トラップ系FXにおける通貨の選び方②(含み損が抑えられる通貨ペア)

【基本】トラップ系FXにおける通貨の選び方①(有効比率)

投資は自己責任でお願いしますね。

まとめ

トライオート FXのトラリピ設定をご紹介しました。
含み損が比較的抑えられる通貨ペアを、ハーフで複数運用することにより、安定的に収益を確保する狙いです。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA